POPPIN ポッピング ダンス

POPPIN ポッピング ダンス研究サイト Maniac Taco



TOP > POPPING/ポッピング ダンス 技術別解説 > 脚部移動操作系 > STEP

|STEP




<<<技解説に戻る <<脚部移動操作系に戻る <前の技術に戻る 次の技術に進む>

踵・爪先・膝などを使ったステップ技術

パターン
STANDING STEP
STRAIGHT STEP/ストレート・ステップ
BOX STEP/ボックス・ステップ
WALK OUT/ウォーク・アウト
SHAMROCK/シャムロック
SAC WALK/サック・ウォーク
CREEP/クリープ
LIFT/リフト
BOOGALOO HOPS/ブガルー・ホップス
TOE WALK/トウ・ウォーク
FLOOR STEP
KNEE DROP/ニー・ドロップ
KNEE SHAMROCK/ニー・シャムロック
CROSS LEG SHOOT/クロス・レッグ・シュート
ET/イーティー
DOWN
SHOOT DOWN/シュート・ダウン
SLEEPY DOWN/スリーピー・ダウン
CORK SHOOT/コルク・シュート
他の技術との融合
CRAZY LEGS/クレイジー・レッグス
REMOTE CONTROL/リモート・コントロール
パターン
 STANDING STEP
★ 床を踏んでいくパターン。立った状態で、足を、前後左右・斜め前後に出す。また、同一方向に交互に足を出せば「歩行」となる。
★ 方向転換するパターン。片方の足は爪先を軸に、もう片方は踵を軸に、同時に動かして方向を換える方法と、両足とも爪先(または踵)を軸に、同時に動かして方向を換える方法がある。
★ 踵または爪先を軸に、体全体を回転させるパターン。
★ 足を床から離した状態で動かすパターン。足を引き上げたり、蹴るように動かす。また、両足を同時に床から離せば「跳躍」となる。
 FLOOR STEP
★ 膝から下部を床についた状態の足を、起き上がらせる(足の裏のみが床に着いた状態にする)ように動かすパターン。移動する際に用いられる動かし方。
★ 仰向けの姿勢で、膝から下部を床についた状態の足を、起き上がらせる(足の裏のみが床に着いた状態にする)ように動かすパターン。
★ 曲げた脚を伸ばしたり、蹴り出すように動かすパターン。
★ 膝や爪先を軸に方向転換するパターン。
★ 膝や爪先を軸に、体全体を回転させるパターン。
戻る
STANDING STEP
 STRAIGHT STEP/ストレート・ステップ
足を交互に前に出すステップ。足を入れ替える際に、頭の位置が上下しないように注意すること。
 BOX STEP/ボックス・ステップ
その場を回るように方向を切り替えていくステップ。
やり方は、左回りに方向を替えていく場合、
1) 左足を前に出し、入れ替えて右足を出す
2) 右足の踵と左足の爪先を同時に動かし、体ごと左に向ける
3) 右足の爪先と左足の踵を同時に動かして、体ごと左に向ける
(つまり最初の状態から後ろに向いたことになる)

これらをもう一度繰り返すと元の位置に戻る。右回りの場合は逆の要領でやれば良い。
 WALK OUT/ウォーク・アウト
ブガルー・サムが開発したのうちの一つでもあるステップ。
やり方は、
1) 右足を前にクロスさせる (左右どちらでも良い)
2) 右足をその位置から右にステップさせる
3) 体全体を右方向に切り替える
4) 左足を右足の横に持ってくる
後は同じ要領で交互に繰り返せばよい。
 SHAMROCK/シャムロック
1978年頃から存在し、ポッピングの中で最も応用の効くステップとされている。エレクトリック・ブガルーズのスタイルのうちの一つでもある。
やり方は、
1) 右足に体重を乗せながら右横に出す (左右どちらでも良い)
2) 右足の爪先と左足の踵を同時に動かし、体を左方向に切り替える
3) 右足を左足の横に持ってきて、両足を爪先立ちにし、右足の踵のみを床に下ろす
後は同じ要領で交互に繰り返せばよい。足を横に出す際に、踵を上げることがポイント。応用として、片方の足を連続で出していってターンしたり、胸のロールやPUPPET、SAC WALKを織り交ぜたりできる。
 SAC WALK/サック・ウォーク
踵を上げ、爪先で床を蹴るような感じで、足を前方に交互に出していく技。STRAIGT STEPにおける足裁きにも似ている。足を戻す位置をずらしていく事により、前方後方への移動も可能となる。
 CREEP/クリープ
その名の通り、のっそりと歩行していく技。やり方は、前傾姿勢の状態で、やや伸ばした足を持ち上げるようにステップさせる。足を床に下ろす時は、ゆっくりと爪先を使って着地させると良い。
 LIFT/リフト
片足を床から引き上げるようにステップする技。足を引き上げた時の姿勢をキープして止まったり、足にポップを入れながら引き上げたりと、魅せ方は様々。
 BOOGALOO HOPS/ブガルー・ホップス
前後左右またはその場で、跳ね上がるようにステップする技。
跳ね上がった後に、着地する際のやり方として、
1)両足を揃えた状態で着地する。
2)片足のみを着地させる。
3)片足ずつ順番に着地させる。
以上3つのパターンが挙げられる。ルーティーンなどでも頻繁に使用されている。
 TOE WALK/トウ・ウォーク
爪先立ちの上体で移動する技。かのブガルー・シュリンプの得意技でもある。前後左右への移動、またその場を回転したり、低い姿勢で行うなど、バリエーションは意外と豊富。頭の位置を変えず、いっさい体がブレないように行うことで、不思議さを醸し出すことができる。バランスを崩さずにできるかが最大のポイントである。
戻る
FLOOR STEP
 KNEE DROP/ニー・ドロップ
FLOOR STEPにおける基本技術。膝を床に着いた状態の足と、膝を床から上げた状態の足が基本のポーズとなる(図)。それを交互に入れ替えていくことで、ステップを踏んでいく。以下はその様々なパターンである。
 WITCH WAY KNEE DROP/ウィッチ・ウェイ・ニー・ドロップ
両膝を床に着いた状態から、横方向に、交互に足を入れ替えるステップ。図のように、片膝を着く→両膝を着く→足を入れ替えて片膝を着く、という順序で行う。
 KNEE STRAIGHT STEP(*)/ニー・ストレート・ステップ
膝をついた状態で行うSTRAIGHT STEP。両膝を着き、揃えた状態から、交互に膝を上げるようにして前方にステップさせる。頭の位置が上下しないように注意すること。
 KNEE BOX STEP(*)/ニー・ボックス・ステップ
膝をついた状態で行うBOX STEP。WITCH WAY KNEE DROPとKNEE STRAIGHT STEP(*)を組合すことで実現する。やり方は、左回りに方向を替えていく場合、
1) 両膝を着き、揃えた状態から、KNEE STRAIGHT STEPの要領で、左足を前に出し、入れ替えて右足を出す
2) WITCH WAY KNEE DROPの要領で、右足を、爪先を軸に膝を下げ、同時に左足の膝を軸に、体ごと左に向ける
3) 今度は左足を、爪先を軸に膝を上げ、同時に右足の膝を軸に、体ごと左に向ける
これらをもう一度繰り返すと元の位置に戻る。右回りの場合は逆の要領でやれば良い。
 KNEE SHAMROCK/ニー・シャムロック
膝をついた状態で行うSHAMROCK。
やり方は
1) 両膝を揃えた状態で床に着く
2) 片方の足を横にステップさせ
3) もう片方の足を引き寄せてきて、体全体を少し跳ね上がらせるようにする
後は足を入れ替えて同じように繰り返していく。リズムの取り方は、基本的にはSHAMROCKと同じである。
 CROSS LEG SHOOT/クロス・レッグ・シュート
方向を変えたり、足を組み変える際に必須のFLOOR STEP。両膝を着いた状態から、片方の足を軸にして、もう片方を向きを変える方向にステップさせるようにする。ミスター・ウィーグルスが好んで使用しているステップでもある。
 ET/イーティー
ポッピン・ピートが開発した、独特のFLOOR STEP。図のような足の組み方が基本のポーズとなる。膝や爪先を軸に、方向を変えたり、歩行していくことが可能。彼ならではのユニークな発想のステップであるが、FLOOR STEPにおける浸透度の高いバリエーションの一つとなっている。
戻る
DOWN
 SHOOT DOWN/シュート・ダウン
足を折りたたむように両膝を床に着く技。そこからFLOOR STEPやKNEE GLIDEに移行することができる。基本技術の一つである。
 SLEEPY DOWN/スリーピー・ダウン
両膝を床に着いた状態から、上体を仰向けにして倒れる技。FLOOR STEPに織り交ぜて使用することもできる。バリエーションとして、徐々に体を倒していったり、立った姿勢からいきなり倒れ込むといった、ダイナミックな魅せ方もできる。PUPPETと組み合わせても効果的である。上体を後ろに傾けていき、床ぎりぎりでキープするPANCAKEに対し、こちらは完全に背中が床に着くようにする。
 CORK SHOOT/コルク・シュート
片足をもう一方の足の後ろに交差させてしゃがむ技。その場を回転しながら、徐々にしゃがみ込んでいく事も可能。回転することで、しゅるしゅると、螺旋(らせん)のように、滑らかに上体を落とすことができる。
戻る
他の技術との融合
 CRAZY LEGS/クレイジー・レッグスTWIST+STEP
縦横無尽に足を動かしていく技。ポッピン・ピートが、ロックステディ・クルーのクレイジー・レッグスというB-BOYの動きをヒントに、1980年頃に作り上げた。爪先や踵を使って足を捻りながら、クロスさせたり、後ろに回したりする。洗練された足裁きが要求される。
 REMOTE CONTROL/リモート・コントロールFINGER MOVE+STEP
ミスター・ウィーグルスが開発した技。手をリモート・コントローラーに見立てて、ボタンを押すように指を動かし、それに対応するように足を動かしていく。WIGGLE WALKやLIFTなどと組み合わせても効果的である。
戻る
<<<技解説に戻る <<脚部移動操作系に戻る <前の技術に戻る 次の技術に進む>
guide Maniac Taco Mobile

キーワード検索

Maniac Taco CONTENTS










link linkbannerl site map web master

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

rss atom